予定 <谷根千界隈の行事、イベント、お知らせ>

写真の最近のブログ記事

詳細: <http://sekka-info.seesaa.net/article/287832756.html>(汐花 SEKKA BORDERLESS SPAC
 

山内道雄の写真集が刊行されます。1992年に出版された「街」「人へ」と同時期である、1982~1996年に東京で撮影した、「人へ」焦点をあてた作品集。

詳細: <http://www4.atword.jp/ogumag/2012/10/17/関口-正夫写真展...>(OGU MAG
 

本展では40年以上にわたりスナップ写真を撮り続けてきた写真家、
関口正夫(1946-)の新作写真25点を展示いたします。

 

詳細: <http://cafegallerymaboroshi.com/20121116.html>(Cafe Gallery 幻
 

【obscure】曖昧な, 不明瞭な, ぼんやりした
写真家として出会った女と、被写体として出会った男。いつしか互いにカメラを持ち、撮り合っていた。撮影を重ねる内に関係性は揺らぎ、「写真家/被写体」でも「友人」でも「男女」でもなく、かつその全てでもある曖昧な関係だけがあった。
撮る/撮られる、写真家/被写体、友人/愛人、現実/創作。
...
これまで、自ら被写体となるセルフポートレイトを中心に写真を撮り続けてきた艶子。ミュージシャンのライブ写真などを除き、他者を撮った作品をシリーズとして発表するのは今回初。艶子の被写体として見出されながら、自らもカメラを持つことを選んだ「シ°(dart)」。初制作にして初の展示。

二人の写真家が互いを写しあった作品を、二人展として展示致します。

詳細: <http://nico-store.net/news/kobeya/post-1.html>(輸入雑貨nico
 

cafe+gallery 芝生(世田谷区経堂)さんが、ロシアのウラジオストックとハバロフスクをシベリア鉄道で旅しながら、ピンホールカメラで集めた写真を地下の小部屋に展示します。
 
旅の途中で買った日用雑貨でつくるロシア式売店、ミニキオスクもあります。

 

wa`a

(2012年12月 4日 12:00) | トラックバック(0)

詳細: <http://hgrnews.exblog.jp/18694582/>(HIGURE17-15 cas
 

空間あそび
kuu mion yoya

 
同時開催:
rai photo exhibition
~Catch The Earth~
『ぼくらは地球で生きている』

 

1

2013年7月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち写真カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはです。

次のカテゴリはインスタレーションです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。