予定 <谷根千界隈の行事、イベント、お知らせ>

絵画・版画の最近のブログ記事

詳細: <http://www.flewgallery.jp/exhibition/20121012/>(フリュウギャラリー
 

作家20名それぞれが音楽を一曲選び、それをジャケットサイズ(30×30cm)の絵画でミニマルに表現。あらわされる音楽は、ポップス、インディーズ、ボサノバ、ジャズ、ロック、クレズマーなどと実に多様。
趣向を凝らした音楽グッズもそっとご用意しております。

詳細: <http://tenyudo.exblog.jp/16844663>(TENYUDO家ふぇ×よろずや美古凜
 
上野東京都美術館で活動している絵画サークルの展覧会。
 

詳細: <http://maruike-house.com/exhibition/513.html>(マルイケハウス
 

目に映らないものはただ見えていないのではなく
関心がなかったり、信じていないから見えないのかもしれない。
それは、あるいは愛がなければ見えないものなのかもしれない。
人の心のイメージを抽象で描く村本雅代と
植物や風景のイメージを具象で描く篠崎真理の
はじめての展覧会。

 
 

詳細: <http://galleryten.org/ten/?p=5463>(ギャラリーTEN
 

いまいみほ、尾形未紀、有間しのぶ。まんが家生活25年、25年、30年。3人合わせて80年の展覧会、やります。

 

HOUSE 展

(2012年10月27日 08:33) | トラックバック(0)

詳細: <http://house.andscene.jp/>(HOUSE展)
 

ギャラリー空間をとある人物の暮らしの場 (家) としてイメージし、
平面・立体問わず参加する企画展。

 

詳細: <http://galleryten.org/ten/?p=5525>(ギャラリーTEN
 

作品集「未来への視座」は今年刊行で12年目を迎えました。今回は「color:いろ」をキーワードに、写真・木版・銅版・リトグラフ・シルクスクリーン・ドローイング・コラージュetc・・・参加者37名がそれぞれの技法で制作し
た各2点、計74点を展示します。

 

詳細: <http://www.moineau.jp/gallery/ovonovo展/>(カフェ&ギャラリー・モアノ
 

筑波大学洋画の対照的な二人展
OVONOVO逆から読んでもOVONOVO

詳細: <https://www.facebook.com/photo.php...>(MARUHI-Facebook
 

流れる日々と瞬発的発想との狭間で生まれた作品展
--
普段は、それぞれ仕事をしている6人が休日に創作した作品の展示です。イラストレーション等のグラフィック作品から金工・木工などのクラフト作品まで、幅の広い展示となっています。また、共通テーマで各々作品もつくっていますので、ぜひご高覧ください。   和田 皓一郎

 

詳細: <http://www.tiara.cc/~goronao/kinkyou-2.htm>(ごろなお通信
 

ロングセラーコミック「アタゴオルシリーズ」の漫画家ますむらひろしが、葛飾北斎の浮世絵に挑んだ異色のコラボ作品「アタゴオルカレンダー2013 ATAGOAL×HOKUSAI」の美しい原画を展示。サイン会、アコースティックライブのファン感謝イベントも予定。

 

詳細: <http://yabusai.net/g/new.html>(やぶさいそうすけ
 

イーストプレスより刊行の、 絵本「オオカミがとぶひ」(作・ミロコマチコ)の出版を記念して、展覧会をを開催いたします。期間中は、原画・新作の展示に加え、お話に纏わる様々な催しを予定しております。本展を通じて、ミロコマチコさんの世界を、より多くの方に体感していただけたら嬉しいです。

 
期間中、当ギャラリーにて、絵本「オオカミがとぶひ」をご購入いただいた皆さまに、 ミロコさん特製動物モビールを差し上げます。
 

詳細: <http://kuma56oekakidiary.blog.fc2.com/blog-entry-221.html>(お絵描きさんの絵*日記
 

花まる学習会のスタッフせきみらいさんとくめむらさんの2人による企画、知的障害児のこどもたちのアートクラスでの作品発表の場をもちたい、というものです。
----
みんなの展覧会を行うこととなりました。
色と色の重なりからあらわれたきれいな色。一本の線に込められた想い。色を塗る中から見えてきたもの。大好きな友達や家族の顔をいっぱいいっぱい描く。そうやってできあがった作品を多くの方に見ていただきたい。そして、子どもたちが展示された自分の作品をみて、自信を持ち、これから先も制作を楽しんでほしいとの思いから、この展覧会を開催いたします。

 

1  2

2013年7月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち絵画・版画カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはファッションです。

次のカテゴリはです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。